女性は面倒な生き物だ。

"部署が異動になってから、業務で接する人間の八割が男性になった。
女性は同じフロアにいるが、基本的に支持をくれるのも男性なら、業務を教えてくれるのも男性。
自分は彼らの指示をきいて、とにかく業務を覚えることに必死だ。

 

女性ばかりの職場だった、前部署とは間逆の環境だ。

 

女性ばかりの職場と男性ばかりの職場を経験すると、環境の違いに驚くことは少なくない。
女性は細かやかな気配りができ、きっちりとされた方が多い。
男性はさっぱりとしていて、簡潔に、さくさくと仕事をこなす方が多い。
元来の性格もあるだろうが、これらのことが長所として働いている内はいいが、短所として目を向けるとなかなか女性ばかりの職場というのは息がつまる。

 

女性ばかりの職場は、とにかく足並みを揃えさせようとするし、業務中のやりとりにも細かく口を出す。
女性同士だとちょっとしたことで嫉妬されたり、非難されたりすることも少なくない。
加えて噂話が多かったりと、なかなかにしんどい。
けれど、こうした職場を乗り越えると男性ばかりの職場の気楽さを実感できるので、一度はそういう場に身をおくのも悪くないと思う。

 

女性が女性でいる限りなくならないその業の様なものは、体感しないとわからないし、面倒な女性の近くに身をおくと、人となりを理解できるし、理解できなくてもどういうことによって、その女性が周りを不快にさせるのか、などの傾向と対策が取れる。
それは、後々自分が面倒な人間にならないためのブレーキになる。

 

あれやこれやと考えても仕方ないかもしれないが、年を重ねる毎に女性は面倒な生き物だと思わずにはいられないので、今日のこの気持ちも忘れないでいたいと思う。"

ボッティチェリとルネサンス展を見に行ってきました。

"お休みの日にボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美を見に行きました。
展示詳細はこちら→http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/14_botticelli/index.html
期間:3/21〜6/28まで

 

イタリア・フィレンツェを代表するボッティチェリの作品は、銀行家が栄華をおさめていた時代背景を沢山描いていてとても興味深かったです。
画家というとどうしても抽象画に傾倒しがちな自分。
大人になってその時代の歴史についての解説を読みながら拝見していたら、繊細な絵に想像力が膨らんでとても楽しかったです。
(後は、パトロンによって作品の方向性も変わるんだろうな、と思ったら色んな画家の絵を見たくなったりして)
また、展示の最後に動画を見れるスペースが設けられているのですが、この動画も良かった。
時間のある方はぜひ絵画と併せて堪能してください。
とってもイタリアに行きたくなりますよ。

 

ちなみにBunkamuraにいくのであれば、少し歩いて神山町にある老舗の定食家さん魚力でランチもお勧めです。
ここはリーズナブルに新鮮なお魚が食べられるので最高。
(札の裏にその日のあたりの数字が書いてあるとおまけで1品頼めるサービスもあります)
"

新しくノートパソコンを購入しました

"通販で購入した中古のノートパソコンが本日家に届きました。家にデスクトップのパソコンはあるのですが家族で共用しているため自分の部屋で使えるパソコンが欲しいとずっと昔から思っていたんです。
5年ほど前の型のものですが、TOSHIBA製でメモリ4G、Core 2 Duo、Windows 7といった感じで金額は2万円しませんでした。家でネットサーフィンをメインに使うにしてはなかなか悪くないスペックのものが手に入ったのではないかと思っています。
とりあえず初期設定はして出荷して頂けたようなので届いてすぐ使える状態になってました。ネット環境は悩んだのですが今スマホ用で使ってるワイマックスの無線LANで十分速度が出るのでしばらくはこのままの状態で使いたいと思います。
一つだけ気になっているのは音質の悪さ。ノートだけあって音がしょぼいです、100ショップで購入するイヤホンのほうがまだマトモな音が聞けるのではないかというくらいです。youtubeやitunesで音楽を聴くことも考えていたのですが正直この音の悪さだとトーク番組の動画を視聴するのも厳しいレベルなのでスピーカーを外付けで付けようかどうか検討中です。そこまで高音質にこだわる訳ではないので、次の休みは電気屋に出かけてパソコン用のスピーカーを物色してこようと考えています。"

人生初の50肩治療に行った

"半年前から、左指と左肩がなんか痛いと感じ始めた。近くの整形外科に行ったら、もしかしたら首からきているかも?と言われて、レントゲンを撮られたが、特に何もなかった。
そのあとも、やっぱり痛みが治らず、インターネットでいろいろと調べてみたら、どうも40肩や50肩と呼ばれているものにすごく似ている。

 

昔に母親がなって、とにかく痛いと長い間言っていたものだ。でも日にち薬というか、整骨院に電気をあてに行っても、なにをしても結局2年ぐらいは治らず、痛いのを我慢してたら治ったと聞いたことがあった。

 

でも、最近ものすごく痛みがひどくなってきたので、別の整形外科に行ってみたら、ものすごく重症になっていると言われた。
先生に言われて、腕を上がるところまで上げてみてと言われやってみると、全然あがらない!背中を触ってみてと言われても、お尻の方までしか手が回らなかった。
こんなことになっているなんて、本当にびっくりした。確かに最近特に痛いと感じることが多かった。ものすごくショックだった。

 

でも、治らないと言われたわけではない。
毎日、腕を回る運動と、寝る前に寝ころんでバンザイする運動をするように言われ、薬を塗り、注射を週一回うけに来るようにと言われた。
さっそく注射は今日からだったが、何故か何となく一回の注射でさっきより腕があがるようになった。不思議。。。
人によっては何年もかかるみたいだけど、早く治りたい。"

半日がかりの大学病院通院

今日は2週に一度の大学病院に通院する日でした。結果が出るのに1時間ほどかかる血液検査をあらかじめ済ませておかなければならないので、いつも早めに行って採血が終わったら病院内の食堂で昼食をとることにしています。今日はそれほどモリモリ食べたい気分では無かったのでかきあげそばを選びました。肌寒かったので温かい汁がちょうど良かったです。でもよく見たら期間限定で海老天そばもあったみたいで、そっちにすれば良かったかなぁとちょっと後悔。食べ終わってもまだ診察開始の時間までは間がありましたが、待合席の方が少し椅子がしっかりしていて長く座っていても疲れにくいので、ボ?ッとしていればいいやと思ってそちらに移動。自分の前に何人くらい居るか確認してみると、ざっと10人は居そうでした。診察時間が始まるとそこからは毎度おなじみのただただ「待つ」という作業で、同じパターンの映像しか流れないテレビを見つめながら、今回は2時間半待ちました。いざ自分の順番がまわって来ると話すことなんていつも同じで10分ぐらいです。今回も特に変わりのないやりとりをしました。病院内でもらう薬は30分ぐらいで出来上がり、やっと終わった?と少しグッタリしながらバス停に向かうと、ちょうど学生さんの帰宅どきで長蛇の列ができていました。もし乗れなかったら次のバスまで少し間が空くので、本当にパンパンでしたが詰めて詰めてなんとか乗車。バスのあとは電車を乗り継いで、買い物をして、帰宅する頃には大仕事を終えたような疲労感です。ダイエット中ですが疲れたので今日は例外でたらこパスタのあとケーキを食べてしまいました。病気を良くするためには仕方ないのですが、もう少しだけ早く済ませて帰って来たいなぁと思ったりします。

 

 

糖尿病 食事制限 食事療法
アトピー 完治
頭皮 かゆみ
ニキビ 治し方
胸を大きくする方法